2005年12月13日

SAI

ブログタイトルの話をしたし、ついでにハンドルネームの話もちょっとだけしようかな、と思います。
今、ログインしようとseesaaのトップに行ったら、新着ブログに「サイ」という名前の人のものが挙がっていました。なんちゅうタイミング!
表記がかぶらなくてよかったと思います。

このブログを書いているのは、「SAI」です。
別にアルファベット1つ1つが何かの単語の頭文字というわけではありません。(だからだれも聞いてないって)
いや待てよ、たまたま単語をあてることができるつづりではあるな。
と、ちょっと思いましたが、たまたまなので、流す方向で。
しかし、一応、最初の「S」は、自分の本名の頭文字を意識して使っています。
以前イベントに参加したとき、友人のレポートに「Sさん」として登場していました。
そのとき、今後もネット上に本名を出すつもりはないけれども、友人その他の人がイベントレポートを書く場合に、イニシャルだけでは紛らわしいこともあるだろうなあと思いました。
他の人のブログにコメントしたいときもあるだろうし、ということで、そういうとき用の名前を考えることにしました。
まあ、友人がすでに「Sさん」と書いてることだし、「S」のつく名前がいいだろうということで考えたわけです。

「さい」という響きには、もともとちょっとした思い入れがあります。「IZAYOI」の場合と同じような、自分にとっての意味があるのです。その辺は長くなりそうなので、また改めてということで。
ローマ字表記なのは、いろいろな漢字をあてることができるようにです。
今、仮のカテゴリーに「さい(祭・催)」というのがあるのは、その一部です。実は、カテゴリー名を全て「さい」という読みの漢字にしようかと考えたりもしました。めんどうなのでやめましたが。
実は、メインとなる漢字はありますが、それもまた別の機会に。
なにやらいろいろもったいぶってますが、実のところ、どっから話したものかまだまとまっていないのです。
思いついたことから書いているうちに、なんとなくブログタイトルの話をしてしまい、じゃあハンドルネームの方も話そうかどうしようかと迷ったところに、「サイ」さん出現で。なんか旬になってしまったので、やっぱり今日ちょっとだけ話してみることにしたと。
・・・・・・ためらうわりに、いきあたりばったりですな。
まあ、そういうわけで、まずはこんなもんで。

余談ですが。
このブログ、先週ぐらいまで、やっぱり火葬場関係で検索してたどりつく人がほとんどだったようです。
これじゃあ、「斎場」の「斎」ってな漢字になりそうだなあと、苦笑したものでした。
posted by SAI at 19:20| Comment(1) | TrackBack(0) | プロフィール的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちなみに、本日遭遇した「サイ」さんのブログはこちら↓。

http://bijosigan.seesaa.net/
Posted by SAI at 2005年12月13日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10623164

この記事へのトラックバック