2008年09月19日

浜岡原発訴訟高裁編開幕

漢字ばっかり11文字のタイトルですが。
「浜岡原発運転差止訴訟 控訴審第一回口頭弁論」というもっと長いタイトルの裁判の話です。

本日9月19日13:30〜16:30の予定で、東京高裁で行われます。

必ず来るはずの東海大地震。
その予想震源域のど真ん中に建っている浜岡原発。
大地震で浜岡原発が事故を起こした場合、住民が被曝する恐れがある。

それで、この原発を動かさないでほしい、ということで、住民が裁判を起こしていました。
が、昨年10月26日(原子力の日!)に、地裁では、この原告住民の訴えが棄却されました。
その判決のときには、昨年7月に起きた中越沖地震による柏崎刈羽原発の損傷のことは考慮に入れられていなかったのだそうです。

それで原告側が控訴して、裁判の舞台は東京地裁に移りました。
そして、今日、いよいよ本格的に控訴審が動き出すわけです。

今月初めには、訴訟の対象となっている浜岡原発1号機〜4号機(5号機は対象からはずされています)のうち、現在停止中の1号機と2号機について、和解案が提示される見込み?というニュースが、いくつかの新聞で取り上げられていました。
1、2号機は、だいぶ老朽化しているし、すでに長年止まっています。
これをひとまずずっと止めることになるのか?
という話ですが、どうやら原告被告両方にとって、そして全国の原発関係者にとって、大きな意味を持つ話であるようです。

静岡県御前崎市にある浜岡原発。
それは、その付近の住民だけではなくて、風下にあたる首都圏はもちろん、全国のだれにとっても関係のあるテーマです。

注目しましょう。
ニュースがあったらチェックしましょう。
翌日になってもニュースがなければ、結果を問い合わせた方がいいかもしれません。

第2幕は始まったばかり。
ですが、どうやら、波乱の幕開けのようです。
posted by SAI at 01:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「日記で囲もう!浜岡原発」

期間:9月1日(防災の日)〜10月26日(原子力の日)

約2か月のこの期間に、1回、浜岡原発について日記を書いてみませんか?

本日は、訴訟に合わせて強化日設定。
●9月19日は、
●日記本文中に1度は「浜岡原発」という言葉を使って、
●この浜岡原発差し止め訴訟について、
日記を書いてください。

この機会にぜひご参加ください。


mixiの方は
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=34595747&comment_count=19&comm_id=237180
★浜岡原発について日記を書いたら、その日記のアドレスを、このトピに張るだけ。
★日記の方にこのトピのアドレスを張って相互にすると、モアベター。

ブログの方は
期間中、浜岡原発についての日記を書かれたら、当ブログの関連記事までトラックバックを送ってください。
前の記事で告知しています。
http://saitoro.seesaa.net/article/106409242.html
あとはそれぞれトラックバックを送りあって「囲み」ます。
できれば、「日記で囲もう!浜岡原発」参加宣言。

よろしくお願いします。
Posted by SAI at 2008年09月19日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。