2006年06月07日

一億二千万(希望)テロ対策室オフライン

「一億二千万(希望)テロ対策室」について

2006年6月10日(土)実施の、「一億二千万、共謀の日」参加企画として考えたものです。

「共謀罪」は、もともとテロ防止を目的として考え出された・・・ことになっています。(「テロ」という言葉は使われていないと思いますが。)
だったら、「共謀罪」よりも有効なテロ防止策を考え出せば、「共謀罪」をつくる必要はなくなるのでは?
この企画は、「共謀罪」に反対する、というより、「共謀罪」制定が必要と言う理由をなくしてしまうことを試みる企画です。

同時に、現在の法律の作られ方、間接民主制のあり方を考え直すきっかけになることも、実は目指しています。
国会で話し合われていることと国民の願いがあんまり一致していない気がするのはなぜだろう?国民の代表が、ちゃんと国民の意見を代表していないからでは?
国内に何か問題があるのなら、まず国民全員に対して「どうやったら解決すると思いますか?知恵を出してください」と聞いてみる。国会議員は、まずそれをまとめて、そこから、有効な方法を生かすために、専門的な裏づけをとるというのを主な仕事にすればいいんじゃないか。
国民の意見を集めてまとめる、というのが、国民の代表の本来の仕事なんじゃないか。
と、私は考えました。
そこで、国民の意見を集める方法の1つの具体的な形として、アンケートを考えてみたのです。

ネット上では、各質問ごとに1つの掲示板を使うという形を考えています。
そちらは、実際にたくさんの意見が集まってきた状態を、リアルタイムで体験でき、お互いの意見交換もできるという利点がある・・・予定です。
1枚にまとめたアンケートの場合は、回答者一人一人の「テロ」防止の企画書のような形になると思います。
どちらも、長所短所があると思いますので、その辺も試してみたいところです。
今回は一応ネット上の方がメインということで、オフライン版は回答例としてブログで紹介させていただこうかと考えています。不都合な方は、「公開不可」とお書きください。
ネットされない方への結果報告については、また考えます。すみません。

よろしければ、この実験にお付き合いください。

----------

「一億二千万(希望)テロ対策室」アンケート オフライン版

1.そもそも「テロ」というのはどういうものだと考えられますか。

2.「テロ」はなぜ起こると考えられますか。(原因・背景・手段・・・etc)

3.「テロ」はどうやったら防ぐことができると考えられますか。

4.その他「テロ」とその防止について、ご意見を自由に書いてください。

5.共謀罪関連で何かされている方、アピールをどうぞ。

6.このアンケートに対するご意見などありましたらお願いします。

◇インターネット上などで公開してもよいハンドルネームがあれば教えてください。(未記入の場合は匿名となります)

◇アンケート制作者に教えてもいい範囲で、お名前と自己紹介をお願いします。


☆☆☆

この文書の説明は、次の記事で。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。