2007年01月05日

「リメンバー12・15」

前の記事の延長として、mixiの方で、「かくして似非社会派はつくられた」的ぶっちゃけ話をしております。
こちらでは、早速、(多分)無難なところから、自分の構成要素どうしをつないでみることにします。
ということで。

「リメンバー12・15」
これは、mixiの「教育基本法改悪反対!」コミュの投稿の中にあった言葉。教育基本法改正案が成立してしまった日を忘れないようにしようということです。

それ自体はものすごく真面目な話なのですが、自分、個人的にツボにはまって、吹きそうになりました。
以前、「マイナーソングをはやらせろ」という記事で、その珍アイデア企画を実行する場合、自分が推薦したかった曲が「REMEMBER」というタイトルでして。(正確には、「REMEMBER〜名もなき少年の日を〜」です。)
そして、それを歌っている芸能人=高橋克典さんは、12月15日が誕生日なのです。

この方、もちろん自分がおっかけまでやっていた芸能人です。「原発周辺体験2」という記事でちらっと触れているのもこの方です。
だから、自分、この12月15日を最悪の日にはしたくない気持ちは、より強力でした。今でも、最悪の日と呼びたくはありません。個人的に、勝手に前向きな意味づけをしています。
例えば、「本当の民主主義に気づいた日」とか。

何にしても、ともかく自分としては、がんばっても忘れられそうにない日になっているのは間違いありません。
ついでなので、この曲を推薦したかった理由を、次に書いてみたいと思います。(歌詞を全引用するわけにはいかないので、ちと難しいですが)
posted by SAI at 18:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マイナーソングはいいアイデアですね。SAIさんが好きなのに悪いですが、高橋克典は詐欺の平成電電のCMにでていたので、ちょっとバツですね。おっかけまではいかないけど、私も以前は好きだったのですが。。
Posted by あずーる at 2007年01月08日 18:34
あずーるさん
「マイナーソングをはやらせろ」は、1人一口300円ぐらい(CDレンタル代)からできる安さもポイントです。(笑)
金をかけたところがたくさん報道されるというのが現状の中で、庶民ができる方法を探すのが大事かなと。

私も、最近は克典さんがローン会社のCMに出ているのを見て、なんか複雑な気分になりました。
本人の意思はどうなのかわかりませんが、出演したCMでイメージが左右されるものだというのも、芸能人の難しいところかもしれませんね。(遊就館でXの「FOREVER LOVE」を聞いたときもそう思いましたけど)
その辺、原子力施設で働いている人の心理に通じるんじゃなかろうかと、余計なことまで考えたりして。
Posted by SAI at 2007年01月08日 19:33
ふむふむ、安さもポイントですね。
日本ではマイナーソングをSMAPなんかが歌ってくれれば影響力大なんでしょうね〜

まえにビックイシューにTV関係の人のコメントがのっていましたが、例えばキムタクくらいの人気度になれば、選んでCMでるべきだということ。そこからCMのギャラもらうわけですから、なんでもかんでもCMや講演会にいくのではなく、芸能人は影響力が大きいことを自覚してほしいものです。

いまのところ、吉永小百合さんは仕事を選ばれているような気がしています。

ところで、遊就館、私は関西なので行ったことないですが、米国の圧力かアベベの米国との関係強調したいのかわかりませんが、米国配慮の展示修正が最近あったそうですね。
Posted by あずーる at 2007年01月11日 17:32
あずーるさん
うーん、SMAPが歌う時点でマイナーソングじゃない気がするのですけど。( ̄∇ ̄;)
その場合はきっちりプロテストソングを歌ってほしいです。共謀罪の歌とか。あれ?そういえば、共謀罪の歌を作られたZAKIさんって、かつてSMAPに曲を提供されてたんだったような?

芸能人と事務所の力関係ってどんなもんなんでしょうね?事務所が本人の意思を無視することもできてしまうんでしょうか。
政治家にしろ芸能人にしろ、有名人は、自分の意思を表に出せない面の方が強いかもですね。
だからこそ、「マイナーソングをはやらせろ」では、「いや、自分の歌があそこで勝手にはやっちゃったし、仕方なく言うけど」という言い訳ができるようにしていたりもします。
私自身が貧乏&臆病だからこその発想です。

遊就館が米国寄りの修正・・・何かすごくまちがってるかんじがするんですけど。
もとが間違ってたかも、ってのはおいといて。
Posted by SAI at 2007年01月11日 20:34
SMAPが歌うとマイナーにならないのですね♪
ただ、SMAPが意識してたかどうかわかんないですが、「世界にひとつだけの花」は、イラク攻撃反対のピース・ウォークでつかわれてましたよね。

>共謀罪の歌を作られたZAKIさんって、かつてSMAPに曲を提供されてたんだったような?

じゃ、SMAPに宣伝してもらえばいいのに・・・
確かに、日本の芸能人は実力より事務所の力がおおきいですね。ハリウッドでも、やはり政治的なことはキャリア的にむずかしくなるから避けるという人も多いようです。

>政治家にしろ芸能人にしろ、有名人は、自分の意思を表に出せない面の方が強いかもですね。

今までの日本ではそうだけど、社会が成熟するにつれて、そういう人って「何考えているかわからない」で、淘汰されていくような気がするんですが・・・

中身のない小泉がうけたのも それかもしれません。


Posted by あずーる at 2007年01月13日 01:37
あずーるさん
SMAPだと、まんべんなくすでにカラオケに入ってそうですから。
みんなが知ってるような歌は、近くにいる人を自然に巻き込むのにはいいかもですね。
曲の提供者って、影響力はどんなもんでしょう。プレッシャーかけて宣伝してもらう、という形になるのは避けたいところなのかも。でも、歌い手と自然な協力関係ができるといいんだろうなあと思います。

中身のない首相がウケた・・・なるほど!
かつてヒトラーが同じ手法を使ったという話がありますね。
おっかないなーと思いますが、中身を伴いつつ、相手のやり方に学ぶといいかもしれないという気もしてきました。
Posted by SAI at 2007年01月18日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30875666

この記事へのトラックバック