2007年08月15日

終戦記念日と遠い夏の怪談

唐突ですが、小学生のころ従姉に聞かされた怪談を。

夜、一人で寝ているとき、トントンと戸を叩く音。
そして、問いかける声。

「あなたは男ですか、女ですか?」
そのときには、「男です」と答えなければならない。

「あなたには手がありますか?」
「足がありますか?」
そのときには、「ありません」と答えなければならない。

そして、最後の問い。
「あなたは生きていますか、死んでいますか?」
そのときに、「生きています」と答えると・・・

「あなたを殺す!」
(と、霊が襲い掛かってくる)


このとき、従姉も子どもだったので、実際には「こう答えないといけないんだって」というような口調でした。
最後の一言が鬼気迫っていて、それから1年ぐらい、一人でトイレに行くのが怖かったものです。

これは、戦場で死んだ兵士の霊が出る、という話です。
インパクトが強かった分だけ、後で、でも女の人も空襲や原爆でたくさん死んだんだよね?と疑問を持ったりもしました。

久しぶりに思い出した今日は、化けて出る相手が違うのではないか、と思いました。
戦争に行かなければならない状況を作り出した人間にこそ、化けて出るべきなのではないかと。
けれども、無念のうちに死んだ兵士の霊が、すべて忘れてのうのうと生きている人のところに現れるのも、間違ってはいないんだろうな、とも思います。

彼を殺した戦争には、直接関わっていないけれども、「戦争」というもの全般に対しては、自分たちにも責任があるでしょう。
忘れてはならないのは確かです。

戦争で亡くなった人々の冥福を祈ります。
そして、これから先、戦争をつくりださない道を選んでいこうと思います。
posted by SAI at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51521976

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。