2006年10月11日

『六ヶ所村ラプソディー』劇場公開

『六ヶ所村ラプソディー』が、現在劇場公開中です。

10/7(土)〜@ポレポレ東中野
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

毎週土日には、鎌仲監督とゲストとのトークショーが開催されます。
最近訴訟などで話題になっている問題についても、詳しく知ることができるかも。
というか、鎌仲監督のトーク、わかりやすくておもしろいのです。

詳しくは、『六ヶ所村ラプソディー』公式HPまたは公式ブログをご覧ください。

公式HP
http://www.rokkasho-rhapsody.com/

公式ブログ
http://rokkasho.ameblo.jp

☆☆☆

プレイベントなどで、鎌仲監督のお話を何度か聞きました。
前作『ヒバクシャ』のときには応援してくれたマスコミが、今回は見向きもしてくれない(というかむしろ完全無視の方向)という話もありました。
実際、どれだけの方が、この劇場公開のことをご存知なのでしょうね。

7月に「STOP!再処理 ネットワーキング」に、劇場公開決定のお知らせをアップしたと思ったら、あっというまに当日がやってきていました。
約3ヶ月、ほんとあっという間でした。
個人的にいろいろごたごたしているうちに、自分も何も宣伝できなかったのが残念です。思えば3月から勝手に宣伝しているのに、今になって何もやれずにいるというのは、なんか・・・なんか、落ち着かないものです。(別に関係者でもなんでもないんですが)
さて、これから何かできるんだろうか。
観てくださる方が多ければ、上映期間も長くなって、何かやる時間もできて、さらに多くの方に観ていただける、という循環になるのですが。

ともかく、ささやかにここで宣伝を。
むしろ、全然関係ない言葉で検索してたどりついてくださった方、「なにをこいつは騒いでいるんだろう?」と興味を持っていただければ幸いです。
「文化の秋」を堪能したい方にも、オススメの映画です。
posted by SAI at 22:17| Comment(2) | TrackBack(1) | さい(祭・催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

共謀罪反対を共謀する日

この日はみんなで共謀罪反対の企画をしよう、という日が2回あります。

◎5月28日(日)全国一斉「共謀罪反対デー」
この日、全国津々浦々で一斉に、何か共謀罪反対行動をしましょうという日です。
1人からできるサイバーアクションもありです。
↓のブログで、その日の計画を公表すると、便乗共謀してくれる人が集まってくるかも?
http://blog.goo.ne.jp/kyobozai/e/dc8b1496e228de04065156ae2311e831

◎6月10日(土)「一億2千万、共謀の日」
これも、全国津々浦々で一斉に、共謀罪反対しましょうという日ですが、「2人以上で共謀して」というところがポイントです。行動以前の計画、相談でも参加できます、というところが、シャレが効いています。
こちらも、↓のホームページあてに計画を送ってくださいということですが。一番下にある連絡先に送ればいいのでしょうか。
http://www.kyoubouzai-hantai.org/

さて、自分は・・・
5月28日は、また母校の学園祭なのです。学園祭会場は、政治的活動はノーサンキュー。24時間、ネット環境もありません。
しょうがないので、近況報告がてら、時間外に友達と語らうことにしましょう。ま、学園祭とかのイベントが普通に行われるというの自体、自動的に、共謀罪という法律のない世の中のアピールになるといえる気もしますが。
6月10日は、仕事の休みを申請中。昼間から動けるようなら、近所で何か共謀してみましょうか。今のところ、何も案がありませんが。そのうち思いつくかな。できればアホなイベントがいいなあ、と自分の無意識にリクエスト。(一人共謀中?)

ということで、全国津々浦々で、共謀罪反対を共謀してみましょう、という呼びかけに便乗してお知らせ、宣伝しておきます。
つまり勝手におしかけ共謀中です。
posted by SAI at 21:36| Comment(0) | TrackBack(1) | さい(祭・催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

「Little Birds」上映会(阿佐ヶ谷)

映画「Little Birds〜戦火の家族たち」の上映会の1つを紹介します。

映画「Little Birds」&相澤恭行さんが語るイラクの今
日時:4月30日(日)13:00〜
場所:杉並産業商工会館ホール
チケット:前売り1000円、当日1300円
主催:「イラクの子どもたちは今」写真展実行委員会
http://www.geocities.jp/iraqphotograph/


この映画の上映会は、全国各地で行われていますが、今回の分は2月に知り合った人たちが主催なので、特に宣伝します。
まだ観ていないという方は、この機会にぜひご覧ください。
「peace on」代表で、元「人間の盾」の相澤恭行さんの講演も、もちろん注目です。

主催者さん、2月の時点では「4月下旬だと、自衛隊の状況がどうなっているかわからないから、上映会の位置づけが難しい」と言われていたのですが。
残念ながら、自衛隊はまだ撤退していないので、アピールする内容には事欠きませんね。

監督の綿井健陽さんは、「今何をすればいいか、ではなく、今何をしてはいけないか、何をさせてはいけないか、が重要」と言われていました。
「共謀罪」もそうですが、日本はおおっぴらに戦争できる国になろうとしつつあるようです。
実は、すでに戦争に加わっているのだともいえるそうです。
憲法記念日を前に、その辺のことを考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。
posted by SAI at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | さい(祭・催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

身近に考えるヒントかも

「六ヶ所村ラプソディー」が、「2006 EARTH VISION 多摩」というイベントの第2部で上映されるようです。
第1部は「地球環境映画祭」ということで、自然との共生をテーマにした映画が何本か上映されます。

日時:3月21日(火・祝)
場所:パルテノン多摩

「六ヶ所村ラプソディー」の公式ブログに、詳しく出ています。
http://ameblo.jp/rokkasho/entry-10010080405.html

また、昨日見つけた↓のブログでも扱われています。
http://ameblo.jp/ev-tama/

ぜひごらんになってください。

そして。
できればその前に覗いていただいたらいいんじゃないかと思うイベントがあります。
「ふるさとの食 にっぽんの食 全国フェスティバル」です。
全国各地の名産品を、つくっている人たちがもってやってくる物産展のようです。
佐賀県からも参加しています。青森県はどうだろう?

日時:3月18日(土)、19日(日)
場所:NHK放送センター、代々木公園並木通り

詳しくは↓をごらんください。
http://www.nhk.or.jp/shokuryo/festival/index.html

2つのイベントは、何がどう関係してるの?というようなかんじですが。
イベントどうしは特に関係ないと思います。自分が勝手につなげて考えただけです。
これから日本がどういう方向に進んだらいいのか、本当に大事なものというのは何なのかを、身近に考えるきっかけになるんじゃないかと、勝手に思っています。

自分は、どちらのイベントも直接関わっていません。21日は仕事休めないので行けません。
物産展はちょっと覗いてみようと思っている程度です。
でもまあ、前の記事の感覚が少しは伝わるかなあと思って、イベントつなげてみました。実際どうなのかは、自分も行ってみないとわからないんですけど。
まあ、あんまり深く考えずに、各地のおいしいものを知るだけでも、行く甲斐があるんじゃないでしょうか。
posted by SAI at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | さい(祭・催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

「百合祭」上映会

またまた上映会イベントのお知らせです。
今回は、日ごろよくお世話になっているカフェ「ルバーブ」さんが中心の主催ということで、宣伝いっときます。

日時:3月11日(土)13:00〜16:00
場所:東金商工会議所大ホール(千葉県東金市)
チケット:前売り1,200円、当日1,500円
お問い合わせ:『百合祭』上映実行委員会
       0475-53-2323(ルバーブ)

詳しくは↓の主催サイトをご覧ください。
http://lpp.togane-ukiuki.com/

「百合祭」の内容ですが。
高齢の女性ばかりが住むアパートに、ステキな男性がやってきた。
ときめきを思い出した住人たちは、さあどうする?
というかんじでしょうか。当然、自分もまだ見ていないので、詳しくはわかりません。

当日は監督の講演もあります。
浜野佐知監督は、女性の視点で「性」を描くことをテーマに、300本以上のピンク映画を撮られている方だそうです。(「百合祭」はピンク映画ではありません。)
そんなわけで(?)、夜の部17:00〜19:00には、女性限定ピンク映画の上映会もあり。(そちらは別料金となっております)

この上映会は、東金市かいわいで、女性の視点で女性を応援しようと立ち上げた「LILY PINK PROJECT」の第1回イベントでもあります。
「百合祭」上映会は、男女とも参加大歓迎ということですので、ぜひ足をお運びください。
posted by SAI at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | さい(祭・催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

「イラクニ接近ス」上映会

上映会イベントのお知らせです。今回自分は主催者と何の関係もありませんが、勝手にお知らせいたします。

タイトル:「イラクニ接近ス」
場所:UPLINK X (渋谷)
期間:2月20日(月)〜3月10日(金)
※上映日により、開始時間が違うので、↓のページで確認してください。
http://www.uplink.co.jp/x/log/001024.php
※監督の谷澤壮一郎さんと、ゲストのトークイベントが入る日程もあります。

自分は、一昨日(2月20日)、つまり初日に行ってきました。
会場は30〜40人ぐらい対応かな?というかんじでした。
内容を一言でいうと、イラク戦争開戦前後に単身イラクに入った大学生が、現地の大学生や街の人にインタビューした映像、です。
監督の谷澤さんは、現在大学4回生ということです。
なにしろ学生が一人で行って自分でカメラ回して話をしているので、現地の言葉の部分は訳がついていないのが、妙にリアルだったりします。(基本的には英語で会話しています)
訳し方が関西弁で、親しみがわきます。
戦争の悲惨さを伝える、というかんじの映画ではないです。その分、ものすごい劇的な展開があるわけでもないです。(監督自身は、けっこう危険と隣り合わせの経験もしているようですが)
雰囲気としては、イラクの人たちの日常の一部を、日本の一般人の一人が見てきた、というかんじでしょうか。

どこまで内容書いたものかなあと思うので(というか、説明得意じゃないし)、今回はお知らせのみということにしておきます。
この日は、ジャーナリストの安田純平さんをゲストに迎えてのフリートークが入っていました。その辺含めて、また記事を書くかもしれません。かも、です。未定です。

一般的な報道とは違うイラクを感じられる、貴重な映像です。
今後上映会やるのかどうかわからないので、ぜひ期間中に足をお運びください。
posted by SAI at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | さい(祭・催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。