2007年05月06日

改憲手続き法案は止められる

改憲手続き法案(国民投票法案)について、伝えることは2つ。
1つは、今国会で審議されている改憲手続き法案が、なぜまずいかということ。
もう1つは、改憲手続き法案を止めることはできるのかということ。

前者については、ひとまずここでは一言で終わらせます。

今国会で議審議されている改憲手続き法案は、
とにかく権力者の都合のいいように憲法を変えることを、とことんたやすくするために考えられた法案


だから、マズイ。

単に憲法を変えるか変えないか聞く法律ではない

ということに注意です。

で、後者。
改憲手続き法案がダメかどうかはともかくとして、止めるということができるのかどうか。

改憲手続き法案は、止めることができる

可能性はおおいにあります。
ポイントは、7月の参議院選挙。

選挙で、危ない法律をつくる人を落としまくる、というのはもちろんですが。
この選挙があるために、

もし今国会で法案が参議院で通らなかった場合、
継続審議ではなく一旦廃案になる


ということです。
つまり、次の国会では、また衆議院から審議やりなおし。
今の法案は1回廃案になるわけだから、新しい法案を立て直さなければならないということでもあるようです。
選挙の結果次第では、総理大臣が責任をとるということもなきにしもあらずなので、法案出している場合ではなくなることもあり得ます。

毎日毎日委員会を開いて、議事録もできないうちに次の審議をして、なにがなんでも今度の国会で成立させようとしているのは、その辺も関係しているわけです。
一方で、強引に通してしまうと選挙に響くのでは?というのを恐れているため、与党の中でも審議の進め方に対する意見が分かれるのだとか。
もちろん、与党の中にも、法案自体に問題があるからという理由で、これで決めるのはいかんと思っている議員もいます。

という状況なので、選挙権を持っている一般市民の声を伝えるのがかなり有効なわけです。
「国民投票法案を通したら、あんたに入れるのやめるから」という意思表示は効くはずです。

特に、直接審議をしている議員の選挙区の人は、影響力持っていると自覚してください。
そうでない人も、本会議は全議員関係ありますから、影響力あります。「私は決議に加わりたくないから、頼むから本会議まで持ってこないでくれ」と思う外野議員が増えれば、議員会館の中で何か起こるかもしれません。

今は、選挙権を持っている一般人の方が、議員さんたちより立場が強いといえそうです。
ここで議員さんたちに対して威張っておかなくて、どこで威張るんですか?
・・・・・・というのはちょっと言いすぎかもですが(実はそうでもないと思ってますが)、その手で政治を動かせるチャンスです。
せっかくの機会です。何かやりましょう。
posted by SAI at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人的に論点整理中

前の記事「9条というテーマ」は、実はもっと別のことを書こうとして、結局まとまらなかったものです。
それでもともかく、デモが無意味だったと書いているように見えるその前の記事を放置したくなかったので、そのまま締めました。
ようは、9条というのはわかりやすいテーマだと思うのに、なぜかいろいろな方面で話が複雑になることについて考えて、説明を試みようとしたわけなんですが。
自分自身の頭がこんがらがっていてダメでした。
ということを、ともかく自白しておきます。

その上で、自分の中で複雑になっている点を分解して、できる範囲でここで整理します。
○自分のテーマとして、戦争につながる問題と、核の問題が、常に2本立てになっている。
○それら2つは関係あると、自分は思っている。
○しかし、それを一緒に話していいのかどうか、迷っているところがある。
○9条のことだけでなく、憲法全体を考える必要があると思っている。
○ともかく、どれもけっこう急ぎの問題だから、早いところいい方向に持っていける方法を考えなければ、と焦っている。

もともといろいろなものを結びつけて考える習性があるので、ときどき混乱してしばらくフリーズするのはよくあることです。それでブログの更新が止まることも多いです。
ということで、落ち着くための対策。

○ひとまず、9条のことと改憲手続き法案のことをわけてみる。9条を守るということと、改憲手続き法案を止めるということは、ほとんど同じ意味なんだけど、やっぱり別のことだから。
○憲法全体のことは、ひとまずおおざっぱにとらえておくことにする。
○やっぱり戦争と憲法と核は関係してくるので、後でできるだけ小分けして書く。

ということで、ひとまず公開整理完了。

特に、9条と改憲手続き法案をあえて分けて考えてみるというのは、ポイントかもしれないと思います。
もしかしたら、やっぱりいっしょに考えた方がいいという結論になるかもですが、ひとまず。

あ、あと、反省。
集会とか国会前で、問題点とかは自分は聞きなれてしまっているからと思って、「来ない人に伝える方法」を考えることに走って話を聞き流していたのは、やっぱりいかんと思いました。
ここで問題点をわかりやすく書けるように、聞いて消化しておかないとまずいんですよね。
伝える方法を語るなら、ここで伝えろ、ということ。
本当は、この反省を先にしたから、どう書こうか改めて考えたという順番です。
策士でもないのに策を考えることに溺れつつありました。
posted by SAI at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

9条というテーマ

なんとなく、デモの形について否定的なことばかり書いている気がします。
前の記事など、デモがあんまり意味がなかったようなイメージになっていたかもしれないと、後で思いました。
いかにもデモやる側として書いているし。

9条を中心テーマにしたデモに参加したのは初めてでした。
(実際は、そんなにデモに参加しまくっているわけでもないので、比べてみることもあんまりできないのですが。)
他の、原発・再処理関係や、共謀罪などのデモに比べると、道行く人の反応はよかったような気がします。非正規雇用者のデモのときのように、おそらく正社員と思われる人から「ケッ!」というような発言をされることはなかったろうと思うし。
外国人が関心もって近づいて来られていたのもおもしろいと思いました。
9条というのは、「戦争の反対語」のような意味である程度定着しているところがあって、テーマとしてわかりやすいのだろうな、と思います。

殺し合いや恐怖と欠乏に遭遇することは、誰も望まないでしょう。その点は、地域や立場で左右されることはないはずですし。
(地域や立場で左右されているかのような問題も、本当は対立するものではないのですが)
だから、戦争する方向に憲法が変わることに反対する人の方が、本来圧倒的多数だと思います。マスコミが示す数字以上に。

「9条は実現できる」という言葉は、デモで言うかどうかはともかく、ハッタリではないはず、と言っておきます。
少数派の悪あがきではありません。
自信持って、9条を変えるための法律(国民投票法案)に反対しましょう。
posted by SAI at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

希望がみえたらいいのかな

昨日の憲法集会〜デモに参加しつつ思ったことのつづきになります。

知り合いの集団に混じってデモに出ました。
相変わらず、シュプレヒコールが長い。
コールを聞いただけでわかるようにというのがあるのでしょうが、言う方にしたら早口言葉状態。
しかも2回繰り返し。
自然に笑えてくるのは悪くない気もしたりしなかったり(?)
「国民は憲法改悪を望んでいないぞ」というようなフレーズで、「国民は」というところが、なぜか自分としては落ち着かない気分になったりもしました。

間に、マイクアピールも繰り返されていました。
戦争の反省を忘れて改憲しようとしている・・・などなど。

・・・なんだろう?
「自分たちは国民の皆さんたちの声を代弁しています」ということでアピールしているのが、うまいことかみ合っていないのかな?という気がしました。
道ゆく人たちとしては、「いや、私は別に・・・」という感じかもしれないし、むしろ押し付けがましい気がしていたりしないかな、と思ったり。
いや、どちらかというと、「また何かやってるよ」というだけのことなのかも。
そこでふと思ったこと。

「またやってる」に続くのは、「どうせムダなのに」なのでは?

なんというか、デモというのは、最初から「劣勢」「少数派」というイメージがある気がします。
「どうせやってもムダなのに、ご苦労様」と思われているのではないかなと。
というか、自分がデモを見ているほうだったら、実際そんな気分になっていただろうと思います。
それが、自分たちに関係ある問題だとしても、「デモなんて参加してもなあ」「目をつけられるだけ損じゃん」という、諦めの気持ちになりそう。
だとしたら。

「憲法9条は守れる」
「改憲手続き法案は止められる」
「9条は実現できる」

という表現があるほうがいいのかな、と思いました。
「できる」という希望を見せる。
マイクアピールなりビラなりでは、具体的にどうすればいいかを伝える。
まあ、「○○反対!」というより、「あれ?」と思わせる効果もあるかもしれません。

それに、「○○できる」というと、なんかそれはそうするのが普通なんだというかんじがしてきます。
逆に、「憲法は変えることができる」とか「自衛隊は海外にいける」とか言われると、そんな気がしてくるのと同様。(相手側は、そういうアピールをするでしょう)

憲法の条文について、「憲法○条がある」「だから私たちは○○することができる」というのもありかも。
「○○権が必要ですか?」「実はその権利は○○条にすでにあります」というのもいいかも。
実際やるときには、先導する人と他全員が掛け合いをするようにつなげるといいのでは?
「○○権が必要ですか?」「必要です」「それは憲法○○条にすでにあります」「憲法○○条!」「(憲法○○条を読む)」「(続けて条文を繰り返す)」「○○条を実現しよう」「国会に声を伝えよう」「○○条は実現できる」「○○権は実現できる」
・・・・・・なんか、怪しい布団を売る集団のような雰囲気もありますが。

ともかく、道行く人も誰もが、願いを実現できるのだという希望を伝えた方がいいのではないかというのが、結論です。
できそうなことなら、やりたい人は多いと思います。
posted by SAI at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

60年目の5.3集会

昨日は、日本国憲法施行から60年。去年よりいっそう、改憲の危険がリアルな中で迎えるこの日です。
来年がどうなるか、が、まさにこれから決まるところでもあります。

各地でイベントが催されていたようですが、自分は日比谷でやっていた集会に出かけました。
タイトルは60年目ですが、こういう集会はいつからやっていたのか知りません。
憲法を「あえて守る」ことが「必要」になったのは、いつからなのだろう?

開場して間もない時間だったはずなのですが、すぐに満員御礼。
天気もいいので、外でオーロラビジョンを見ることにしました。
知り合いと遭遇して、ちょっと安心してみたり。
でも、知り合いの持っている旗印の下でデモに行くのは、落ち着かなかったり。
団体としての意思表示なんだろうけど、歩道からみているとけっこうおどろおどろしいんですよね、団体名ののぼりってのは。

この集会は、社民党と共産党のトップがどーんと話をする時間が半分を占めています。
国会に声を届ける人に一番近いという意味では、力のある集まりだと思います。
一方では、それらの政党が苦手だと思っている人たちにとっては、近寄りがたいものかもしれません。
特に、今回、公会堂の中でやっていたので、文字通り壁があったような気も。
ここに来ない人に話を伝えるのが大事なんだけどなあと、やっぱり思うけれども、いい方法が浮かばないもので。

外はなかなかにぎやかで、「9条にカンパイ」ワインでカンパを募っていたり、9の形のパンを売っていたり、いろいろでした。
体の不自由な方が、集会などにはいけないからということで9条グッズをつくって預けられていたりとか。
団体名以外ののぼりもカラフルだったし、それぞれ勝手に9条グッズをつくって参加している様子が、「あー、日本国憲法ですねー」というかんじでした。(なんじゃそりゃ)
いや、そういう、おもいおもいにアピールしていて不自然ではないというのが、憲法の基本にしているイイトコロなんだろうなあと思うのです。
9条で遊ぶのも悪くないかもしれません。
ミリタリーな服や遊びは楽しくても、本当の軍事にとりこまれたら、そんな自由なんてありませんからね。

そんなかんじで、なんとなく会場の雰囲気など書いているうちに長くなりました。
参加しない方々に、話の内容を伝えるのが重要なんだと思いますが、メモもとっていなかったし、途中意識が飛んでいたりしたし(前の晩も別のイベントでして。言い訳)、書ける範囲で後ほど、ということにしておきます。
posted by SAI at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

「あなたは無視されている」

連休前半は、部屋を片付けつつ、集会とか、国会前行動とか、デモとかについて、うだうだ考えています。
先の都知事選挙では、「都民のハートに火をつけろ」というフレーズを見かけました。
直接それとは関係ないですが、ハートをつかむにはどうしたもんかと考えます。

「あなたは無視されている」

というのは、先ほどシュプレヒコールのことを考えていて浮かんだフレーズです。これ、けっこう全てに通じるキャッチになるのでは?と思いました。
これは、

「あなたはどう思いますか?」

ということでもあります。

一人一人がどう考えているかなんか関係なく、むしろ考えるところまでいってさえいなくても関係なく、大事なことが決められてしまう。
日本がどうだと言いながら、もしかして自分たちは「(主権をもった)国民」としてカウントされていないのではないだろうか?

また、一方。
今の憲法は、全ての人を個人として尊重すると定めています。
それを、「公共のため」「国のため」に書き換えようとしているのが、与党の新憲法であるらしく。
9条だけではなくて、戦争するのに都合のいいしくみにしようとしているということですが、それをおくとしても。
それもまた、「あなた個人がどう考えるか、あなたの都合がどうかなど、"国"には関係ありません」ということを文章にしようとしているということになるのではないかと思います。

「考えてください」

といきなり言ってもぴんとこないのなら。
今一人一人が立たされている危険な状況を、一言で伝えたい。

「あなたは無視されている」

漠然とした「日本」「国民」ではなく、「あなた」の問題なのだと、伝えたい。
もちろん、ビラにするときなどは、無視されているといえる事柄を、一般人の立場から、しっかり書き並べるわけですが。
選挙前の、投票に行こうアピールにも使えそうじゃないかと思うんですけど、いかがなものでしょう?

ハートをつかむには、まずドキッとしてもらうことかな、という(一応の)結論でした。
posted by SAI at 14:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

実録CMをつくろう

「一億二千万、共謀の日4」合わせ、共謀実行計画(話のみ)です。

今は国民投票法案が一番ヤバイところに来ているので、基本その危険性のアピールと、シュプレヒコールに類するものをまぜた、強行採決対策企画です。


手順
1.国会前でヒューマンチェーンをやるときなど、国会へ向けてのシュプレヒコールのし方を変える。

パターン1:自殺しそうな人への説得バージョン
「早まるな」「人生これからじゃないか」というかんじのよびかけ。実際、それをシュプレヒコールにするなど。
自殺しそう(自殺においこまれそう)な憲法・民主主義が、最後の一線を越えて死なないように、説得するのです。
例えば、今屋上のフェンスの外に立っている人に、「自殺をしてはいけない」と呼びかけるときのセリフをパロディにする。

パターン2:たてこもり説得バージョン
「お前はすでに包囲されている!」は、古典的ですが。
この前2件同時にたてこもり事件が起きたところで旬な面もあります。
たてこもっている犯人を説得したときの呼びかけをパロディにして、国会に向けて呼びかけるわけです。

どちらの場合も、最初は一見自殺者とかたてこもり犯への説得と思わせるスタートをして、途中からそれが「強行採決を早まるな」というアピールだとわかる、という構成にします。

2.それを実際国会前でやりつつ、ビデオに撮る。
シュプレヒコールを先導する人は、ちょっと服装とか考えておくといいかも。

3.適宜編集する。
途中に、先生とか警察に扮した人(シュプレヒコール先導する人)のソロのシーンを入れて、集まった人たちを上から見たような映像を入れるとか、シュプレヒコール全体の部分は後にもってくるなど順番入れ替えるとかして、いかにも自殺を止めようとしている(犯人を説得している)シーンのように演出するなど。
ぱっと見て、ドラマの1シーンか、ドキュメンタリーの1コマのような構成にします。

4.街頭で流す。
できれば、金を払って、どっかの電光掲示板で、自殺防止CMか刑事ドラマの番宣のようにして流せれば、アピール効果ありと思うのですが。
無理なら、DVDにしてパソコンで映す程度でも。

5.ネット上で配信
これも、一見番組とかプロモーションビデオのようにできるといいかと。タイトルもそれっぽく。


趣旨など
国会前で、議員さんたちの心をつかむための変化球を投げるのと同時に、それを国会前に来ない多くの人についうっかり見てもらうことをめざしたものです。

「○○反対!」「○○阻止!」というアピールは、自分たちが反対しているという意思表示の言葉ですが、考えてみたら、相手に「やめなさい」とは言っていないですね。議員さんとしてみたら、「だから何?」というかんじかも。
「○○やめろ!」というタイプは、国会内への呼びかけの形になっていますが、関心ない人がみたときにちょっと引くところがあります。マスコミも取り上げないですし。
なので、国会内に直接「やめなさい」と呼びかけきっちり要求しつつ、それを多くの人に見せるCMを構成するというのを考えたわけです。
できるなら、映像とか制作のプロを目指す人を交えて、街頭で目を引く傑作をつくりたいのですけど。


共犯募集
というのが、今回の珍アイデアです。
1人で言っているだけでは「共謀」にならないので、ご意見ください。
冗談半分以上に、シナリオ書いてくださったりしたら大喜びします。
さらに、どんな人をスタッフにつけて・・・とかいう悪ノリ妄想も大歓迎です。準備のし方なんか、細々と想像してみたりとか。
しょうもない共謀を楽しみませんか?
posted by SAI at 14:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 珍アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一億二千万、共謀の日4開催

実は当日です。
本日、「一億二千万、共謀の日4」開催中。
詳しくは↓
http://www.kyoubouzai-hantai.org/

国会前行動とか、院内集会とか、だいたい平日の昼間なので、なかなか参加できなくて。
今日のことも忘れかけていました。
呼びかけしている共同行動のサイトにも、他の地域の実践とか載っていないところをみると、あんまり広まっていないのでしょうか。
一昨日、国民投票法案に反対するヒューマンチェーン第4波に行ったときも、とくにチラシをもらうこともなかったですし。(チラシは存在するようですが)

いろいろと問題ありの法律が、次々強行採決されている日々。
今は、国民投票法案のことがメインになっているのは間違いないようで。
ただ、それだけを見ていると、共謀罪の方がいきなり審議入りしてそのまま採決、なんていうのをこっそりさらっとやられそうな不安もあります。

ということをふまえつつ。
ささやかに、「一億二千万、共謀の日4」に参加してみようと思います。
ほんと、かなりすっかり忘れていたので、ネタがないですが。
久々に国会前に行ってきて感じたことなどをもとに、昨日思いつきたての珍アイデアなどご披露して、共謀計画ということにしようかと。

が、1人では共謀にならんので(イギリスでは、1人でも「共謀」とみなされた例があるとか?ですが)、コメントつっこみ募集いたします。

あ、余力のある方や近所でイベントやってるのをご存知の方は、そちらに参加されることをオススメします。
posted by SAI at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

「普通の国」になったらば

改憲手続き法案が衆議院を通過したりで、憲法の柱が揺らいでいる今日この頃。
小さな憲法学習会に参加して、フォークランド紛争のことなど聞いたためか、ふと、思ったこと。

国のリーダーが戦争を必要とすることがあるらしい。
例えば、自分の政権の支持率が落ちているとき、それを回復させるために戦争があった方が都合がいいと考えることがあるらしい。
例えば、アメリカとイラク。
例えば、イギリスとフォークランド諸島。
例えば、ロシアとチェチェン。
そして、もしかして、六十数年前の日本もそうだったのかもしれない。

外に共通の敵をつくることで、国内の不満をごまかすとか。
戦争に備えることを名目に、国民のできることを制限するとか。
そういうことを、国の指導者が考えることがある。
それは、どこででもあり得ること。
そして、指導者は、そう考えた時、実際に戦争に踏み切る力をもっている場合が多いらしい。
国としては、実際に戦争をできる装備があるし、しくみもある。
それを使うと決めることは、そう難しくないのかもしれない。
それは、ごく普通の国のこと。

さて、ここに、ちょっと普通でない国があります。
国際紛争解決に武力を使わないと決めた国。
武力を持たないと決めた国。
戦争をしないと決めた国。
この国は、リーダーが戦争を必要としたとしても、普通の国のように戦争を始めることはできないはず。

普通の国になるということは、国の指導者の都合で戦争が始められる状況になるということじゃないんだろうか。
最初の理由が「自衛のため」であったとしても、戦争できる国になったときから、「戦争をしかけるかもしれない」可能性が現実的になる。

政権を維持するために引き起こされる戦争に、参加したいと思いますか?
選挙で勝つことが仕事と思っている議員が多いと感じられるならば。その議員さんがたが、選挙で勝つために戦争をするくらいのことは考えるかもしれないことを、心配しなければならないんじゃないでしょうか。
普通の国で、ありがちなことのようだから。

なんかうまくまとまりませんが、戦争に参加できる普通の国ってのはけっこう怖いのかもな、と思ったのでした。
posted by SAI at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

NEW LIFEはけっこう大変

1ヶ月以上、ブログが放置状態でした。
プライベートが忙しかったり、半月以上ネットがつながらない期間があったりしたためです。
2年余り続いた派遣の仕事をやめて引越し、現在は東京で新しい仕事をしています。やっぱり期間限定の仕事なんですが、東京ならではの仕事です。(笑)

仕事探しはともかく、みんなが異動する時期の東京で家探しは、なかなか極限状態でして。
うっかり魔が差したのか、いくつか見た中で一番狭くて汚くて壁が薄い部屋をうっかり選んでしまい、そこからなんかマイナススパイラルにはまっていきまして。
mixiで、かつてないグチ日記を展開しておりました。
クレームつけることにちょっと慣れてしまったのが、悲しかったりもします。今なら、あんまり得意でないシュプレヒコールを、ストレス解消に気持ちよくやれそうです。あーあ。

いやあ、ここまでわくわくしなかった春は、かつてなかったですね。(しみじみ)
とことんぐだぐだだった分、熱くリベンジかけていきたいと思います。
出遅れまくっていますが、どうせだから腰をすえて、気になっていることをやっていくことにしましょう。
posted by SAI at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。